可変長データのミニバッチをchainerのwhereでやる

以前にもちょこっと書いたのだけど、自然言語はたいてい次元(単語数、文字数など)が合わない。データA 1 2 データB 1 2 3こんな感じで次元が合っていないデータをミニバッチで学習したい。 末尾をEOSで埋めてミニバッチ 可変長のミニバッチの時に末尾をEOSで埋めてそのまま学習するとまずいのでwhereを使うといいら…